2013年3月

客員教授の公募案内

国際印刷大学校 事務局

 皆様におかれましては益々ご清栄のことお慶び申しあげます。
国際印刷大学校は2000年に日本初のプリントメディア及び関連分野のバーチャル大学としてスタートしました。2013年度は設立14年目を迎えましたが、一層の充実を期する所存です。
 教育・研究を活性化し、印刷界に貢献するため国際印刷大学校客員教授を下記の要領で公募することになりました。
 ご応募の程、お願い申し上げます。

担当学科目; 国際印刷大学校で開講を準備している学科目(http://www.media-igu.com)を参照。 又は、新しく設置を希望する学科目 例えば、DTP論、網点管理論、カラーマネージメント論、ワークフロー論、XML論、JDF論、オンデマンド論、バリアブルデータ画像論、製本学、オフセット印刷管理論、グラビア論、スクリーン印刷論、印刷適性学、電子商取引論、印刷経営論、印刷管理学、情報セキュリティ論、研究開発論、網点管理論、SSME論、Printed Electronics論など

資   格; 印刷及び関連分野の教育・研究に対し業績が有し、65歳までの方。

条   件; 非常勤、居住地域は国内外限定しません。

ホームページ; 個人のHPでプロフィールを公開し、E-mailアドレスを所有する方。なお、プロフィールは(http://www.media-igu.com/kinoshita)を参照して下さい。

締 切 り; 2013年7月31日

応   募; 担当希望学科目名(複数可)と個人のHPアドレスを記入し、E-Mail(kinoaki@mpd.biglobe.ne.jp)までお願い致します。教授会で審議し、2013年10月末日まで結果をお知らせ致します。教授会で承認された場合、2013年12月からの授業担当になります。
(各個人情報は公募人事のみに使用いたします。)

参考資料; (1)印刷情報2001年12月号
(2)印刷雑誌2002年1月号
(3)バーチャル・ユニバーシティ(2001)アリク社
(4)日本印刷学会誌第2号(2002)
(5)朝日選書、森田正康;eラーニングの常識(2002)
(6)アメリカの高等教育のe-ラーニング(2003)
(7)e-ラーニング導入ガイド、東京電機大学(2003)
(8)e-ラーニング白書、オーム社(2004/2005)
(9)国際印刷大学校研究報告第13巻(2013)
(10)国際印刷大学校のホームページLink集、
    GATF On line Training Link など

      
  連絡先;国際印刷大学校 事務局
    〒189-0002 東京都東村山市青葉町2-29-12
    電話 001-81-42-395-5561
    FAX 001-81-42-392-8216

以上